「あんしん君」のひとりごと
とある夜、 部屋のドアを開けると、 99歳のおじいちゃんが目の前に居て トイレに行っている・・・(笑) そんな楽しい!?部屋が自分の寝床という、 ちょっと変わった作業療法士の 日常を綴る日記です☆



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.01  大事な視点・・・①全体を見る!!

今日は
デイサービスについてです。

デイサービスに
限った内容でもないのですが、
現在、立ち上がって4か月目に
なろうとしている職場
(もちろん、立ち上げ以外でもですが)

そこで、
スタッフに求められている、
また、持っていると有用な視点

それは、
「①全体を見る」
ということが挙げられます。

別に
難しい内容でもないし、
皆さんも常に持っていらっしゃるとは
思いますが、経験がない方にとっては意外に、
初めからできるものではないと思われます

なぜ
大事なのか?

それは
私の少ない経験からも、
そう感じているからなのですが

具体的に
説明すると・・・

小規模デイサービスでは
利用者3~4名につき、スタッフ1名という人員配置になります
(もちろん、各施設により異なりますので、参考程度ですが)

つまり、
ひとりが何人もの利用者の方を見ておく
必要があるのです

ということは
レクリエーション・ものづくり・リハビリをしたり・体操などの、
活動が展開されるなかで、自分が活動の数人にとらわれてしまうと、
他の状態が把握できていないという状況を自分で作り出している
ということになります

もちろん
活動に集中することは大事ですし、
必ず、全体を把握するリーダーがいるはずですので
ケースバイケースの面はあるのですが

しかし、
転倒リスクのある利用者の方が立ち上がった時、
バランスの悪い利用者の方が一人で椅子に座ろうとしている時、
歩行が不安定な利用者の方が一人でトイレから出てきた時・・・

もし、
リーダーが他の仕事が出来て、席を外していたら、
スタッフが背中を向けていたら・・・
その時、転倒リスクは管理されていない状況になります

在宅生活の
支援の為に、利用しているデイサービスで
転倒し骨折でもしようものなら、それこそ本末転倒ですし、
デイサービスの信用問題にも繋がってくると
考えられます

上記からも、
「全体を見る」
ということが大事なのは感じて頂けると思います

これができる人は、
立派なスキルが身についている
と考えられます

スキル・・・
ここでは「リスク管理能力」と
言い換えることができます

是非、
「全体を見る」

この視点を
ご存じでなかった方、
意識したことがなかった方、
初めてデイサービスで働かれる方等・・・

意識して、業務に携わってみてください

きっと
リスク管理能力が高くなるだけでなく、
・全体を把握する能力
・利用者・スタッフからの信頼度
も高くなると、私は考えています
(私は先輩から学びました)


Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

かわと申し上げます。
前からバーガーが大好きです。

今日は創造館でのパソコン作業という入所したばかり聾唖者と足不自由に持ち私です。明日から作業訓練に始めまります。あなたに勤めている午前中には、創造館のディサービスに見回りましたね。これからも宜しくお願いします。
2009.04.01(16:57) / URL / かわ / [ Edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.04.04(23:14) / / / [ Edit ]

プロフィール

はまちゃん(OT)

Author:はまちゃん(OT)
はじめまして!
就労支援を中心に、
創造館に所属しています
作業療法士です☆
どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ご連絡はこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

気になる!?木

どうもっっ☆ おはつにお目にかかります。 わたくし、「気になる木」の 信吉と申します! まだまだ葉の青い若造ではありますが どうぞ仲よくしてやっておくんなせぇ!

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。